FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

改正動物愛護法について

子犬と子猫の販売に規制を設けた改正動物愛護法が2013.9.1 施行されました。
内容はもうご存知ですか?
 生後間もない犬と猫の販売規制や、ペット販売時の対面説明を義務付けた改正動物愛護管理法が1日、施行された。親から早く引き離した犬猫は人をかむなどの問題行動が出て、飼育放棄につながりやすいとされる。そのため、改正法は生後56日を経過しない子犬と子猫を繁殖業者が販売のために引き渡したり展示したりすることを禁止。
 ただし、激変緩和措置として、施行後3年間は生後45日、その後は49日と段階的に期間を延長し、56日への変更は施行後5年以内としたというような内容です。

 インターネット上でのペット販売が広がり「写真と実物が違う」といった苦情が出ているため、販売業者には顧客に動物の現状を直接見せ、対面して飼育方法などを説明するよう義務づけています。それでもペットショップの説明は不十分です。私もフレンチブルをペットショップで購入しましたが、耳のトラブルにすぐに病院通いになりました。

飼う側ももっと事前に勉強する必要があります。飼う環境がその犬に合っているのかペットショップ以外のところで学ぶべきです。また、犬の社会性の大切さを知れば可愛いからと親達から社会性を学ぶ前に引き離してまで飼うことが決して子犬にとって良くないことは分かるはずです。途中での飼育放棄も・・・。

ニュースでは「これで刹処分される犬猫が少しでも減るといいですね。」とコメントされていましたが・・・

犬猫は私たちに多くの癒しを与えてくれます。私たちは彼らと暮らすために時間とお金を使わなくてはならないことも事前に知っておくべきですよね。まだまだ日本は遅れています。ペットとよりよい関係を築いて暮らすことができるように教育が必要でしょう。犬も飼い主も。

少し前ですが、視覚に少し問題がある方がフレンチブルを飼いたいのだけれど、飼うことがでいますかと尋ねられたことがありました。

その方はフレンチブルにとても魅了されたことが飼いたいと思うひとつの理由でした。私は短いですがフレンチブルを飼った経験と調べた犬種特性などから飼うことは無理ではないと伝えました。でも、飼育環境を考えて、フレンチブルと一緒にしつけ教室に通い、トレーナーから適切なアドバイスを必ず受けることを付け加えました。飼いたい気持ちだけでは解決できないことがあります。良いトレーナーから犬の行動学を学ぶことは飼い主にとっても犬にとっても幸せな暮らしを送るためにはとても素晴らしいことです。

私も今、アジリティをひまわりにさせてみたいと通い始めてトレーナーからしつけについて指導を受けていますが、とても勉強になります。ひまわりの行動に落ち着きが見られるようになり、顔つきも穏やかになりなった気がします。ひまわりとの信頼関係が気づけるといいなと思っています。

犬のことで困っている方もそうでない方も一度しつけのトレーニングを体験して見ることをお薦めします。

今日は写真もなく堅い話になってしまいましたか?

ドックセラピストとしての仕事の一つとして、この問題はとても大きな仕事だと思っています。
また、何かの機会にこのお話が出来ればと思っています。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンポポコーヒーKH

Author:タンポポコーヒーKH
初めてパグ犬を飼ったのを機会に犬の代替療法を勉強。犬の食餌・メディカルハーブ・薬膳などで学んだことを生かしてパグ達とホリスティックケアを取り入れた生活をしています。皆さんにも犬に適した食餌が健康維持にとって最も大切なことを知っていただきたいと思います。ホリスティックケアは飼主と犬達の結びつきをより強めてくれるとても犬に優しい療法です。多くの人にこのホリスティックケアについて知っていただくためにさいたま市で講座を開いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。